最近のベーグルですが
最近のベーグルですが、
以前、ブログでお伝えした通り、製粉の問題からユメシホウ100%を考え直し、
新たなオリジナリティーあるベーグルづくりをスタートしました。

最近は茨城県産ユメシホウが8割、九州産「ミナミノカオリ」が2割の配合で作っています。
これから季節の変化に応じ、北海道産小麦「キタノカオリ」「ハルユタカ」など、
ユメシホウの状態と室温、湿度、季節の変化に合わせユメシホウのパートナーとなる小麦粉を
配合して美味しいベーグルを作ってまいります。
10423798_720689521350871_8385828664962161720_n.jpg


茨城県産ユメシホウは、開発も携わったユメシホウの生みの親でもあるラムールさんから直接譲っていただいています。
カフェバンライケンのベーグルはユメシホウ無しでは作れません。
フカフカの輪っかの形をしたパンではお代を頂くことは出来ません。
ズンとしてますが皮はパリッと、中はもっちりでいつの間にかに無くなっちゃう的のど越しの良さを目指しています。

荒川沖ベーグルをご期待ください。

カフェバンライケン 店主



スポンサーサイト
|ベーグル | comment(0) |
comment
comment posting